Semalt Expert:WebサイトからExcelに自動的にデータをダウンロード

インターネットには大量の有用な情報が含まれていますが、その情報を何らかの方法で保存および処理する必要がある場合もあります。これらの目的のために、Microsoft Excelスプレッドシートを使用すると便利です。ただし、さまざまなサイトからの統計データは、手動で収集できるだけでなく、自動的に収集することもできます。たとえば、数十のサイトから新しいデータを保存する必要があります。もちろん、このデータを手動で保存するには長い時間がかかるため、Excelの自動データインポートツールを使用してみることができます。なぜ「試すことができる」のですか?つまり、すべてのサイトでこのツールを使用してデータを自動的にインポートできるわけではありません。理由は後で説明します。しかし、それでもほとんどの場合に役立ちます。

始めましょう

自動データインポートツールは[データ]タブにあります。ここで[Webから]を選択します(一部のバージョンのExcelでは、[外部データの取得]をクリックする必要があります)。

それはあなたがあなたがデータをダウンロードしたいウェブサイトのページのアドレスを書く必要がある「新しいウェブクエリ」を開き、それが同じウィンドウにロードされるのに数秒待ちます。

例として、soccerstats.comからデータを抽出します。多くの皆さんがサッカーを楽しんでいると思います。世界中のサッカーリーグに関する最新のデータを表にまとめたいと思います。たくさんの有用な統計がありますが、スペインラリーガのスコア表から始めましょう。

黄色の四角にたくさんの矢印が表示されます。それらは、Excelテーブルに抽出できる要素を指しています。必要な要素を指す矢印をクリックします。一度に複数のテーブルを選択できることに注意してください。必要なのはスコア表です。

次に、右下隅の[インポート]をクリックします。

「どこにデータを置きたいのか」と聞かれます。必要なセル名を入力するか、「OK」をクリックするだけで、最初のセルから表示されます。

結果は次のとおりです。すべての情報がExcelテーブルにあります。

このデータはまだ静的ですが、時々更新する必要があります。つまり、「すべて更新」をクリックして手動でデータを更新することができます。

しかし、それは私たちがここにいる目的ではありませんよね?通貨レートなどの情報を常に更新する必要がある場合は、毎回クリックするのは非常に面倒です。 「接続」タブの「プロパティ」をクリックします。ここでは、テーブルを自動的に更新できます。すべてのデータを間隔を置いて、またはファイルを開くたびに更新できます。

なぜうまくいかないのか

自動データインポートツールが機能しない理由について少し説明します。 ExcelでWebページを開いて、データが表の形式で表示されていることを確認しましたが、インポートのマークを付けるための矢印が横に表示されていません。どうして?約10年前、Webサイトのすべての表形式のデータは、特別なマークアップ(タグTABLE)の形式で表示されました。そのようなテーブルを認識することは、ロボットにとって簡単なことでした。しかし、時間の経過とともに、Webページにデータを表示する方法が変わりました。データ自体とその表示が分離されました。そのため、Webページを見てテーブル内のデータを確認しても、このデータがコード内でテーブル構造を持っているかどうかはわかりません。状況によっては、インポートウィザードが現在のWebページのソースコードを分析しても、テーブルの存在を認識できない場合があります。

結論

おめでとう! Excelを使用してWebサイトからテーブルにデータを簡単にダウンロードし、自動的に更新できるようになりました。このシンプルなツールは、あなたの人生を楽にし、不必要なコピー貼り付けを軽減するのに役立ちます。